赤ちゃんの為に良い掃除機を選ぶ!アレルギーや喘息から守る

掃除機

赤ちゃんが生活をする上でやはり気を付けたいのは家のホコリ。人の髪の毛や皮脂などを含むホコリはダニのエサなどになり、繁殖します。アレルギーやぜんそくの原因とされるダニの死骸やフンは必ず綺麗に取り除きたいですよね。実は掃除機なら何でも良いわけではありません。では一体、どんな掃除機が良いでしょうか?押さえておきたいポイントをご紹介します。

1.ダニの死骸は厄介?

ぜんそくなどの原因とされるダニの死骸やフンなどは掃除機によっては確実に吸いきれない事があるのはご存知でしょうか?もちろん、掃除機の掛け方もありますが、掃除機のヘッドによってはダニの死骸やフンは粉々になって空気中に散らばってしまいます。

そうならない為には、

散らばったとしてもしっかりとした吸うことが出来る吸引力がある掃除機です。

掃除機を選ぶポイントはまず、一番は吸引力で選びたいですね。

掃除機の掛け方

以前、ハウスクリーニングの仕事をしていました。

この時に習った方法をご紹介します。

ご存知の方も多いとは思いますが、掃除機は押すよりも引きながらゆっくり吸引させて掃除機を掛ける方がホコリが舞い上がらず、効率よく掃除が出来ます。

良かったらお試しください。

2.目詰まりしにくいものが○

次に注意したいのが掃除機の目詰まりです。掃除機を掛けていて吸引力が落ちて赤いランプが点滅した事ありませんか?これは紙パックなら交換、サイクロン掃除機ならゴミ捨てか目詰まりしています。この目詰まりの状態では吸引力が低下していますのでしっかりとゴミが吸えません。 メンテナンスが簡単なの物や口コミなどをチェックしましょう!

今まで使ったので目詰まりしにくいのはやっぱりダイソンの掃除機でした。

3.おすすめ機能は?

最近では、静音タイプの物や空気清浄機になる物など様々で迷いますよね。その中でも押さえておきたいのはアタッチメントノズルです。エアコンや棚の上を掃除できるものやブラシタイプ、布団ノズルなど様々な物があります。上手に使い分ける事で掃除が楽になりますよ。特にソファやベッド、布団はダニ対策として用意いておきたいですね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク