新生児服(ベビー服)と肌着の水通し(洗濯)方法とは?

水通し

初めての出産準備で「新生児服の水通し」という言葉を聞いて、「水通し」って何?「水通し」というくらいだから水だけで洗うの?やっぱりいつも使っている合成洗剤は赤ちゃんのお肌に良くないよね?と、いろんな疑問がいっぱい。そこで出産準備の一つである新生児服の洗濯(水通し)についてご紹介します。

水通しとは?

水通しとは、新生児服を一度水で洗うこと。

基本的に新品なので、洗剤は使わなくてもOKです。ですが、水だけの洗濯に抵抗がある場合は、界面活性剤や蛍光増白剤、柔軟剤が入っていない洗剤の方が赤ちゃんへの刺激が少なくていいと思います。私は、アラウ ベビー洗濯用せっけんやさらさベビー洗濯洗剤を使いました。アトピーが気になる赤ちゃんにはミヨシ石鹸の液体せっけんそよ風がいいようです。

なぜ新生児服の水通しをするの??

新しい衣類は固く水分を吸い取りにくいので、一度水にさらすことによって表面ののりが取れて、赤ちゃんの汗を吸収しやすくなります。またホルマリンは防虫効果があることで知られていますが、ベビー用の衣類に「ホルマリン移染防止のため、袋から取り出さないで下さい」とよく書かれていますよね。あれは、大人用の衣類や保管されている場所についているホルマリンから赤ちゃん用の衣類を守るために注意書きとして書かれているのです。

ホルマリンはデリケートな赤ちゃんの肌には刺激を及ぼす可能性があるので、水通しをすることによって除去します。

水通しの方法

手洗いの場合

  1. 桶に水かぬるま湯を張って、そこに赤ちゃん用の衣類を入れます。
  2. 優しく手押しするように水にさらし、その後絞って(脱水機にかけて)干します。

洗濯機の場合

  1. 赤ちゃん用の衣類だけ洗濯機に入れ、1回だけ回した後、脱水して干します。

水通しはいつやるの?

臨月に入ってから水通しをする方が多いようです。ですが早産の場合も考えて8ヶ月頃にやっておくと安心です。私も8ヶ月頃に水通ししました。湿気が残らないよう、できるだけ晴れた日を狙って水通ししましょう。これから生まれてくる赤ちゃんのお洗濯はとっても楽しかったのを覚えています。小さくて可愛いベビー服を干したり畳んだりしているだけでウキウキしていました。

この服をこれから生まれてくる赤ちゃんが着るんだと想像すると出産が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク