ココアにカフェインは入っているの?妊婦でも安心して飲める?

ココア カフェイン 妊婦

ココアの原料「カカオ」は「神の食べ物」と言われるほど栄養効果が高く、スーパーフードとして注目されています。妊娠中になりやすい便秘を改善したり、鉄分も豊富なことから積極的に飲みたいココアですが、気になるのがカフェインですよね。ココアにカフェインは入っているのか、妊婦さんでも安心して摂取できるのか、まとめました。

ココアのカフェインは、気にする必要なし!

事実、ココアにもカフェインは含まれています。

150mlに含まれるカフェイン量を比較すると…

  • コーヒー 1杯 約90mg
  • 純ココア 1杯 約13mg
  • 調整ココア1杯 約10mg

純度の高いココア程カフェイン量は多くなりますが、

カカオ100%の純ココアでもコーヒーの約7分の1程度。

1日1〜2杯程度なら全く気にしなくても大丈夫な量です。

ココアは妊婦さんでも安心!

ココアのカフェイン量は過剰摂取さえしなければ、妊婦さん、授乳中でも安心して飲むことができます。栄養豊富で、しかも美容と健康効果も高いのでぜひ積極的に飲みたいですね。

妊婦さんも必見!ココアの健康効果

ココアの原料「カカオ」は妊娠中に不足しがちな鉄分が豊富に含まれているので貧血予防にもなります。また食物繊維はごぼうよりも多く便秘改善にも効果的です。

他にも…

  • 血圧を下げる
  • 動脈硬化予防
  • ストレス緩和
  • 美容・ダイエット効果
  • アレルギー予防
  • 脳の活性化 など…

ココアには数え切れないほどの健康効果が期待されています。

ココアは飲むなら「純ココア」!

体に良いココアですが市販で売られている甘いココアはおすすめ出来ません!

飲むなら「純ココア」がおすすめです。

純ココアとは砂糖や添加物が入っていないカカオ100%のココアのことです。ミルクココアなどの調整ココアは砂糖もたっぷり入っているので注意が必要です。

おすすめの飲み方

純ココアにオリゴ糖やはちみつを加えて甘さを調整するのがおすすめです。

オリゴ糖やはちみつは腸内環境を整えてくれます。

牛乳の代わりに豆乳を入れるのもおすすめです。大豆の栄養素も同時に摂取できます。

まとめ

ココアのカフェインは少なめなので1日1〜2杯程度なら気にする必要はないようです。妊婦さんにも嬉しい効能もたくさんあるので、ホッと一息つきたい時はぜひココアを飲んでみてくださいね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク