妊婦はチーズを食べれない?妊娠中に注意すべき2つの事

私が妊娠中にどうしても食べたくなったチーズ。妊婦さんが注意する事

そもそもなぜ?妊娠中はチーズを食べてはいけないのか?をまとめました。

注意1.妊婦さんは加熱したチーズを食べる。

ナチュラルチーズは乳を固めて発酵し熟成した自然なチーズです。 乳酸菌が生きているのが特徴ですが製造方法によりリステリア菌もいる可能性が高いのです。

  • ピザ
  • グラタン
  • ベイクドチーズケーキ
  • プロセスチーズ(ナチュラルチーズを加熱溶解して成型したもの)
  • カッテージチーズ
  • クリームチーズなど

中心まで75℃以上、1分ほど加熱する事でナチュラルチーズ等は安心して食べられます。 ※チーズの種類によって注意が必要。カッテージチーズやクリームチーズも加熱処理されているものはOK!

妊娠さんがチーズを食べてはいけない理由とは?

妊婦,チーズ,妊娠中,チーズの種類妊娠中、一般の人よりもリステリア菌に 感染しやすく、赤ちゃんに影響がでること があります。リステリア菌は、食品感染する食中毒菌で、塩分にも強く、冷蔵庫でも増殖。リステリア菌は身近な食品が感染源です。ナチュラルチーズ(非加熱)や生ハム、スモークサーモン、肉や魚のパテなど、加熱しないで口に入れる食品は注意が特に必要。

※参考:厚生労働省ホームページ

あわせて読みたい→妊婦さんはリステリア菌に注意!!知っておきたい予防と対策

注意2.海外製のチーズは食べない。

国産のチーズ全般はしっかりした管理のもと加熱殺菌した生乳で製造されているのでよっぽど大丈夫だと思いますが、海外製は規制する法律が違うため為、海外製ナチュラルチーズは食べない事をおすすめします。 妊娠中に食べないほうがいいチーズの種類

  • モッツァレラ
  • カマンベール
  • フロマージュブラン
  • リコッタ
  • ゴルゴンゾーラ
  • ブルーチーズ全般
  • チェダーチーズ
  • ゴーダ
  • クリームチーズ
  • パルミジャーノ・レジャーノ(パルメザン)等

まとめ

ピザやグラタンなど中心まで75℃以上、1分ほど加熱する料理ならリステリア菌を気にせず食べられますが、加熱しないケーキなどは食べないほうが無難です。

万が一食べてしまった場合はリステリア感染症と思われる症状(発熱、筋肉痛、吐き気、下痢など)がなくても医師に受診して下さい。

スポンサーリンク