出産前に知りたい!紙おむつVS布おむつ比較。メリットとメリット

出産準備で考える一つとして、紙おむつと布おむつのどちらで育てるかです。

はじめての時はどっちで育てようか悩んでいる方もいると思います。

そこで、

今回は紙おむつと布おむつを比較してみました。

メリットとデメリットもまとめましたので参考程度に読んでもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

紙おむつ VS 布おむつ

紙おむつと布おむつのメリット、デメリットについてまとめました。

紙おむつのメリットとデメリット

紙おむつ

紙おむつのメリット
  • おむつ替え、後始末が楽♪
  • 吸収率が高く、ムレにくく、漏れにくい!
  • 衛生的!

最近のおむつはホント凄いですね。おしっこの嫌な臭いも少なく、最長10時間も吸水。しかも、サラサラでムレにくい。

紙おむつのデメリット
  • 一枚当たり約14円~20円のコスパ面
  • メーカーによって赤ちゃんの肌に合わない場合がある
  • おむつのゴミ処理問題

たとえば、新生児のときに1日に紙おむつを9枚程度使うとして、

1日 14円 x 9枚 = 126円

約126円掛るとします。

1ヵ月 126円 x 30日 = 3780円なので

1年間で45360円はかかります。

だからといって、安いメーカーにすればいいわけでもなく、新生児の赤ちゃんの肌は特にデリケートなので肌荒れなど注意する必要があります。

そして、紙おむつがゴミの処分問題です。

最近ではゴミを捨てるにも有料のゴミ袋でないと処分できないなど、ゴミの有料化が進んでいます。

あなたのお住まいの各市町村など確認してみて下さい。

地域によってはオムツは無料で処分できたり、オムツの特別補助がある場合もありますよ。

布おむつのメリットとデメリット

布メリット

布おむつのメリット
  • おむつ代がかからない。
  • オムツがとれるのが早い!

紙おむつと違うのは洗って使えること。年間で考えるとメリットと思えますね。

また、赤ちゃん自身がおしっこで濡れて気持ち悪くなるのでおむつ外れが早いと言われています。でも、これは個人差があるので個人的には深く考えなくてもいいと思います。

布おむつのデメリット
  • オムツかぶれ
  • 着替え
  • 洗濯問題

布おむつはの一番の難点はやっぱり、面倒さです。

取替や使用済みのおむつの洗濯がとにかく面倒。

しかも、1日で7~10枚は洗わなければ行けないので干す場所も必要です。

しかも、おむつカバーも洗わないといけません。

また、

洗濯洗剤にも気をつけたいところですね。

洗剤も赤ちゃんの肌に優しい物を選ばないとかぶれなどの原因になりますし、汚れたおむつを放置すれば菌が繁殖して衛生的ではありませんよね。その分、時間や気を使わないといけないのでお母さんの負担が増えてしまいます。

比較するなら紙おむつ

総合的に見れば紙おむつのほうがメリットを感じると思います。

私たちの母親世代のお話を伺うと、紙おむつが高くて、布おむつが主流で洗うのが大変だったとよく聞きます。今なら、洗濯乾燥機も良くなったので良いかもしれませんが、やっぱり、洗うのには時間はかかるし、手間ですね。

私の周りのお母さんたちも紙おむつで育てている方が圧倒的に多いですよね。

個人的にも紙おむつをおすすめします。

布おむつにこだわるなら…

それでも、赤ちゃんのために布おむつが良いと考えるなら、

上手に紙おむつと併用も良いと思います

たとえば、夜は紙おむつにするとかにすればお母さん自身の負担も減ると思います。

決して無理をしないで、赤ちゃんのためにもお母さんの体を休ませることも考えて下さいね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク