どれを用意すればいい?赤ちゃんの肌着の種類とベビー服

ベビー服

いざ赤ちゃんの肌着やベビー服を準備しようと思ったら赤ちゃんの肌着の種類もいろいろあり、どれを準備すればいいのか正直迷います。今回は肌着の種類とベビー服についてまとめました。ご参考頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌着の種類

短肌着

0~3ヶ月くらいまでの赤ちゃんが着る着丈が腰くらいまでの短い肌着。赤ちゃんが寝たままでもお着替えが簡単にできます。直接赤ちゃんの肌に触れるものなので、肌触りや通気性などに優れているものがベスト。また、季節を問わず使えるので5~7枚くらい用意してもよいでしょう。

長肌着

0~3ヶ月くらいまでの赤ちゃんの短肌着の上に着せる肌着。長めの着丈でスナップボタンは無く、スカートのようになっているので、おむつ替えが簡単。春先や秋口であれば、短肌着+長肌着の組み合わせがおすすめ。3ヶ月頃になると、足をよく動かすのでコンビ肌着を使う方が多いです。1~2枚程度用意し、少ないようであれば買い足す形で十分。

コンビ肌着

0~6ヶ月くらいの赤ちゃんが着る肌着で長肌着と同様、短肌着の上に着せます。1枚で着せてもOK。長肌着と違い、足の部分が分かれていてスナップで留めるので、足をよく動かすようになってもはだけてしまう心配がありません。はだけないのでおすすめですが、好みや使い勝手もある為、1~2枚程度で必要に応じて買い足してもいいでしょう。

ボディスーツ・ボディ肌着

0~24ヶ月頃の長い期間で使えるボディスーツは股下部分をスナップで留めるようになっているのが特徴。赤ちゃんが活発に動いても、おなか出てしまう心配も無いです。他の肌着と違い、デザイン性に優れているものが多いです。 季節によって1枚で過ごしたり、上にベビー服を着せても大丈夫。欧米ではトップス代わりにして、下にパンツやスカート等のボトムスを合わせるのが主流のようです。頭からかぶせるタイプと前開きタイプのものがありますが、首が据わるまでは前開きタイプが安心です。

ロンパース・カバーオール

メーカーによって名称が異なりますが、ボディスーツにボトムがついたつなぎのようなベビー服をロンパース、カバーオールと呼びます。 ロンパース、カバーオールはトップスとボトムがつながっているので、おなかが出てしまうことや、はだける心配がありません。季節によって1枚で着たり、中に肌着を合わせたり季節に応じた着せ方ができます。夏生まれならロンパース1枚でOK!

ツーウェイオール

ベビードレス、カバーオール(ロンパース)に なるベビー服。足を通す部分にスナップやボタンが付きで、ボタンを外せばベビードレスとなり、ボタンを留めればカバーオールとしても利用できます。新生児のうちはボタンを留めずにベビードレスとして使い、足をよく動かすようになったらカバーオールとして着せれるので長く使えます。ベビードレスのように使うのは新生児期~生後1ヶ月までの間で、カバーオールとして使うのは2~3ヶ月くらいになってからになります。はじめは1~2 枚用意し、必要に応じて準備しましょう。

まとめ

赤ちゃんの生まれる季節によって用意する枚数や種類も変わってきますが、なるべく最低枚数を準備して、足りないようでしたらまた買い足すのがおすすめです。赤ちゃんはすぐに大きくなりますからね。私はベビー服を準備するのが一番楽しかったです。お腹の赤ちゃんがこの服着たら可愛いだろうな~と想像して出産がとても楽しみになりますよね。みなさんもワクワクしながらベビー服選びを楽しんで下さい。

スポンサーリンク