妊婦さんはリステリアに注意!気をつける食べ物と予防対策

リステリア菌

リステリア菌は河川水や動物の腸管内など環境中に広く分布する細菌。 リステリアは、他の一般的な食中毒菌と同様に加熱により死滅しますが、4℃以下の低温や、12%食塩濃度下でも増殖できる。 リステリアに感染して重症化することはまれですが、抵抗力の弱っている妊婦さんはリステリア菌に注意が必要です。

妊婦さんがリステリアに感染すると

妊娠していない人に比べると妊婦さんは20倍も感染しやすいく、妊婦さんが感染すると胎盤を通して赤ちゃんも感染します。早産や死産、新生児の髄膜炎(ずいまくえん)や敗血症(はいけっしょう)などの原因になる可能性があると言われています。

厚生労働省 これからママになるあなたへ~食べ物について知っておいてほしいこと~

どんな食べ物にリステリア菌は存在するの?

実際に注意したい食べ物についてまとめました。

  • ナチュラルチーズ(加熱をせずに製造されるもの)
  • ブルーチーズ
  • カマンベールチーズ
  • 生ハム
  • スモークサーモン
  • パテ(肉や魚などを細かく刻み、ペースト状やムース状に練り上げたフランス料理)
  • 生野菜
  • 生魚

リステリアの予防対策とは

  • 生野菜や果物などは食べる前によく洗う
  • 加熱してから食べる
  • 期限内に食べるようにする
  • 開封後は、期限に関わらず速やかに消費する
  • 冷蔵庫を過信しない

まとめ

リステリア菌には滅多に感染することはないと言われていますが、妊婦さんは注意して予防対策しましょう。大切な赤ちゃんを守るのはママだけですからね。

スポンサーリンク