母子手帳ケースは必要?ずぼらな私に必需品だったその理由とは

母子手帳ケース 必要

母子手帳ケースは必要な書類(市町村から発行される補助券など)やもしもの時に自分の保険証などを持ち運んだり、管理するのにおすすめです。最近は可愛いものもたくさんありますよね。でも、失敗しない為に母子手帳ケースを購入する前に選ぶポイントをしっかり解説します。

母子手帳ケースが必要な理由は?

母子手帳を提出する場合、ほとんど診察券や補助券(市町村によって違いますが…)など一緒に出すものがあります。その時に出しやすく管理しておけるので便利です。補助金などの重要書類を紛失しなくて済むので管理に自信がない方は母子手帳ケースでまとめる事がおすすめです。

また、バッグなどの入れ替えも楽ですし、出産後には子供の診察券などの管理に便利です!

母子手帳と一緒にまとめておきたいもの

母子手帳と一緒に提出するものを書き出しました。意外とたくさんあってまとめるのが大変です。

<妊娠時>
  • 診察券
  • 補助券などの書類(市町村により異なりますが補助制度の書類)
  • 保険証
<出産後>
  • 子供の診察券
  • 予防接種などの書類
  • 乳幼児医療証
  • 子供の保険証

母子手帳ケースは妊娠中だけではなく出産後も定期検診や予防接種、子供の病気の通院時などに長く使います。3年くらいは使いますよ。

母子手帳ケース選びのポイント

母子手帳ケースを選ぶポイントは3つです。サイズはお持ちの母子手帳を確認してくださいね。

  • 母子手帳が取り出しやすいもの
  • カード入れが多い
  • マチがあるもの

母子手帳が取り出しやすいもの

お腹の赤ちゃんの診察する時は必ず母子手帳を提出します。個人的には「サッ!」と出せるものが良いですね。

カード入れが多い

出産後、赤ちゃんの病院の診察券などが増えます。収納力のある方が長く使えます。物によってはママの診察券や二人目の子の分まで入るので多めの物を選ぶのがベストです。

マチがあるもの

診察券の他に市町村から発行された診察時に提出する補助券や病院からもらうプリント類など入れれるようにマチがあるものがおすすめです。

まとめ

いかかでしたか?最近は母子手帳ケースの種類も増えて可愛いデザインあって迷ってしまいますね。でも、長く使うものなので機能や自分にあった使い勝手の良い物を選びたいですね!

スポンサーリンク