プレママ必読!虫歯菌を赤ちゃんに感染させない予防方法

虫歯菌 赤ちゃん

「3歳までに虫歯菌に感染しなければ一生虫歯にならない」とよく聞く話ですよね。もし自分の虫歯菌が赤ちゃんに移ってしまったらと心配なママも多いのではないでしょうか?目に見えない虫歯菌を赤ちゃんに感染させない予防方法を紹介します。これから赤ちゃんを出産するプレママさんもぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんが気を付けたい虫歯菌とは

虫歯を作り出す2つの虫歯菌はミュータンス菌とラクトバチラス菌です。この2つの菌が口にあると虫歯になってしまいます。そのミュータンス菌を3歳頃までに感染させなければ虫歯にならないと言われています。

ミュータンス菌

ミュータンス菌は、人のだ液から感染します。幼い頃に親から口移しで食べ物を食べたり、同じお箸やスプーンなどを使う事で感染します。このミュータンス菌がお口の中に一度入り込むと完全に取り除くことは難しいと言われています。ミュータンス菌は酸を作り出し歯を溶かします。

ラクトバチラス菌

ラクトバチラス菌は炭水化物や砂糖に含まれています。有名なのは乳酸菌飲料。人にとっては必要なラクトバチラス菌ですが、この菌がミュータンス菌が作り出した溶けた歯を虫歯へと進行させます。ちなみに、歯医者さんで虫歯菌を調べることが出来ます。ミュータンス菌がなければ口移しや同じお箸であげたりしても問題ありません。

虫歯菌を赤ちゃんに感染させない方法

パパ、ママが虫歯治療をする

赤ちゃんが1歳になる頃までにはパパ、ママの虫歯を治療しておきましょう。ミュータンス菌が潜伏しやすい歯垢を定期的に除去するクリーニングが大切です。

親から子への口移しをしない

食べ物を噛んでから赤ちゃんに与えてしまう噛み与えは虫歯菌の感染原因です。また食事中のお箸やスプーンの共有もやめましょう。

砂糖の入った食べ物は控える

食べ物を摂取する事で歯は溶けてしまいます。しかし、溶けた歯は時間をかけて回復して元に戻ります。でも、砂糖の入ったラクトバチラス菌を含むチョコレートやアメ、ジュースなどは長時間、ダラダラ食べてしまうと歯を溶かし続け、回復出来ずに歯が溶けたままになります。特に3歳までは控える必要があります。

それでも不安なママへ

赤ちゃんが虫歯にならないためにいろいろな対策をしても虫歯になったらどうしようと不安になりませんか?

その気持ち、とても分かります。

私もそうだからです。そんな時私が見つけたのが虫歯菌除去成分「BLIS M18」配合の歯磨き粉”BRIAN(ブリアン) ”です。

ブリアンとはどんな歯磨き粉??

ニュージーランドで虫歯になりづらい子供たちを研究し発見された、虫歯菌除去用成分「BLIS M18」は、一度、お口に虫歯菌が入ってしまったお子様でも、虫歯菌(ミースタンス菌)を減らし虫歯を予防してくれる新成分です。

この虫歯菌除去用成分「BLIS M18」を産まれながらに保有している子供は、全体のたった2%の人しかいないと言われています。

この「BLIS M18」を世界で初めて採用した歯磨き粉です。

詳しくはこちらから↓↓

2歳になる息子はイチゴ味が好きで毎日の仕上げ磨きがとても楽になりました。

スポンサーリンク