妊婦は刺身を食べてはいけないの??

妊婦は刺身を食べてはいけないの??

妊娠中に気をつけたい食事の中で妊婦さんは刺身は食べていいのでしょうか?生で食べるとリステリア菌など心配ですよね。今回は刺身などの生食する魚介類についてまとめました。ご参考頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

妊婦さんに必要な刺身の知識

妊婦さんは刺身の中でも特にマグロは食べ過ぎないほうがいいです。マグロなどの大型魚には、水銀量が多く含まれています。胎児は水銀を排出することが出来ない上、その影響を受けやすく脳神経障害を起こす可能性も!気を付けるべき魚を厚生労働省が公表しています。

  妊娠中気を付けるべき魚

キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ、クロムツ

《週に2回まで(週に160g程度)》

キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、クロマグロ(本マグロ)、メバチマグロ、マッコウクジラ、エッチュウバイガイ

《週に1回まで(80g程度)》

ゴビレゴンドウ

《2週間に1回まで(40g程度)》

バンドウイルカ

《2か月に1回(10g程度)》

食べてはいけないのではなく、量を控えめにという感じであまり神経質にならなくても大丈夫です。魚に含まれるEPAやDHA、良質なたんぱく質は胎児にとって大切な栄養源です。魚を控えるのではなく、サバや、イワシ、サンマなどの小魚を中心に食生活に取り入れることが大切ですね。

妊婦さんは生の貝類に注意!!

貝類はノロウイルスを含む食中毒の原因菌を蓄積しやすいので注意。妊娠中は生食は避けたほうが無難です。貝類は中まで十分に加熱して食べること、貝類を調理したまな板は使い回しをしないように注意が必要です。

そのお刺身大丈夫?妊婦に恐いリステリア菌

リステリア菌とは生魚などに付着している食中毒菌のことです。 世界保健機関(WHO)によると、リステリア菌による食中毒の発症は「100万人あたり0.1~10人で比較的まれ」ですが、「全症例の約40%が妊娠に関係しており、流産、早産、死産および新生児疾患の原因にもなる」といわれています。 私も妊娠中、無性にお寿司が食べたくなって回転寿司に行ったり、お祝い事などでお刺身を食べる機会もありました。当時はリステリア菌のことは知らずに食べてしまっていましたが、今思うと恐いですね。

スポンサーリンク