赤ちゃんが虫歯菌に感染?!3つケアとおすすめの歯磨き粉

赤ちゃん 虫歯菌

ママなら誰もが気になる赤ちゃんの虫歯。赤ちゃんに虫歯菌がうつらないように対策はしていても心配になりますよね。今回はもし赤ちゃんが虫歯菌に感染していても、虫歯にさせないケア方法とおすすめの歯磨き粉をご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが虫歯菌に感染しても虫歯にならない方法

いくら赤ちゃんに虫歯菌がうつらないように気をつけても周りの人が箸やコップを共有したり、熱いものを「フーフー」と冷ましたり、赤ちゃんをあやして遊んでるうちに唾がとんで虫歯菌が感染しているのでは?と心配ですよね。もし虫歯菌に感染しても虫歯にならないようにするにはどうすればいいのでしょうか?まとめました。

歯磨きをしっかりすること

まずは歯磨きをしっかりすれば虫歯になりにくくなります。でも子供って歯磨き嫌がる子が多いですよね。なかなか仕上げ磨きがしっかりできなくて苦労するのも現実ですが、それでも一番の予防になります。

食べ物は決めた時間で

食べ物はなるべく決めた時間にダラダラ食べさせない事が重要です。特に砂糖の多い飴やチョコレートなどの食べ物は3歳まで控えましょう!

定期的な歯科検診をする

1歳を過ぎたら定期的に歯医者さんに通い、歯のクリーニング、フッ素の塗布をしてもらいましょう。家では取り除けなかった汚れや歯垢を綺麗にしてくれ、フッ素を塗布することで歯が強くなります。また赤ちゃんが虫歯菌に感染しているか気になったら歯医者さんで調べることができますよ。予算は大体3500円前後。

赤ちゃんを虫歯にさせたくないママへ

赤ちゃんが虫歯にならないように対策はしているけれど、それでもやっぱり心配なママにおすすめの歯磨き粉があります。私も自分の子供の虫歯が心配でいろいろ調べていたとき、この歯磨き粉をみつけました。↓↓

日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合
子供用歯磨き粉【ブリアン】

ブリアンは、日本で初めて虫歯菌除去成分『BLIS M18』を採用した子供用の歯磨き粉です。 最大の特徴は、虫歯にならない子供達の研究から発見された成分『BLIS M18』により、 虫歯菌を口中から除去していく事。 3歳までに虫歯菌がお口に入らなければ、虫歯にならないと言われていますが、 虫歯菌除去成分『BLIS M18』で歯を磨く事で、一度虫歯菌がお口に入ってしまったお子様でも 虫歯になりづらい口内環境を作ることができます。 

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!!

まとめ

もし赤ちゃんに虫歯菌がうつってしまっていても、歯磨き、食事内容と食べ方の注意、歯医者さんでの定期健診をすることで、虫歯になる確率を低くすることができます。「赤ちゃんの虫歯は親の責任」とも言われています。しっかり予防していきましょう。

スポンサーリンク