赤ちゃんのバスタオルは何枚あっても困らない!4つの使い方

赤ちゃん,バスタオル

出産準備でしっかり用意しておきたいのがバスタオル。

本当に

赤ちゃん用のバスタオルは何枚あっても困りません。

湯上げの時のタオルとしてはもちろん、おくるみとしても使えます。

その使い方をまとめました。

1.赤ちゃんの湯上げはバスタオルが2枚必要!

赤ちゃんの湯上げの際は、バスタオルは2枚使用します。

マットとして下に敷くものと赤ちゃんの体を拭くものです。

マットして使うバスタオルは厚手タイプ、体を拭くバスタオルは薄くて柔らかい素材のものがおすすめです。

私は体を拭くタオルはガーゼ素材のバスタオルを使っていました。

赤ちゃんのお肌にも優しく拭きやすいです。

出産祝いで頂いたエイデンアンドアネイのガーゼはおくるみとしてはもちろん、湯上げのタオルとしても重宝しました。

薄手なので拭きやすいですよ。↓↓

2.ベットやクーファンにはバスタオルをひくのがおすすめ

私はベットやクーファンにはバスタオルを敷いています。

赤ちゃんはよくミルクを吐いたり、オムツをしていても横から漏れてしまったり、おむつ替えの時に汚したりしてしまいます。

敷いておけばタオルなので吸水力があり、下に浸み込みにくいです。

シーツを毎回洗うよりバスタオルだけ洗濯すればいいので便利です。

汚れる度に交換して気軽に洗濯出来るので赤ちゃんのベッド環境を清潔に保てます。

↓↓ふわふわで気持ちいのでおすすめ。お洗濯しても乾きが早いタオルです。

3.赤ちゃんならバスタオルはおくるみやひざ掛けに!

バスタオルの大きさですとちょうど赤ちゃんのおくるみとして使えます。

また、お出かけの際は、ベビーカーやチャイルドシートで寝ているときのタオルケットとしても使えます。

ベビーカーや車には常に一枚用意しておきましょう。

私は夏生まれのベビちゃんでしたので夜寝るとき、お昼寝のときは掛布団替わりにバスタオルを使っていました。

4.外出時、バスタオルはおむつ替えマットにも!

外出時、トイレ設備にあるおむつ交換台を使用する際に、私はバスタオルを敷いていました。

直接、赤ちゃんを台に置くのは衛生面で抵抗があります。

除菌シートで拭きたいくらいですけど抱っこしてる時など、

「ササっと!」バスタオルを敷いておむつ替えマットとして使っていました。

一枚持ち歩くと便利ですね。

まとめ

実際、思っていた以上にミルクを吐いたり、おむつ替えの時に汚したりと洗い替えが必要でした。バスタオルは最低でも6枚はあると便利ですね。

厚手のタオルは乾きにくいのでたくさん枚数があると便利です。

赤ちゃんのお肌に優しい肌触りの良いタオルがおすすめです。

また、バスタオルなら後々まで使えるのでたくさん用意してもいいですね。

ちなみに、おすすめのタオルは今治タオル です。肌触りが良く、小さいフェイスタオルで子供の顔や鼻が出たときに使っていますが赤く荒れたりしにくいのでオススメです!